書籍・雑誌

2009年12月22日 (火)

ナンデ泣かねっかなんねぇんだよっ?!

Kiyokuyawaku

潔く柔く

嗚呼、懐かしや、いくえみ姐さん。
アタイが、嘗てJKだった時代は、薬子(くすこ)に憧れてマシタ。
昔カラ、いくえみ姐さんの描く男子は魅力的だったなぁ。と、思い出しマシタ。
で、コレ。
コノ漫画。
何だろうか?
所謂少女漫画だので、所謂恋愛モノなのデス。
なんか、オムニバス?的?な?感じなのダケド、登場人物がリンク?スル?ミタイな?感じデス。
ワハハ。
意味不明。
ま、エエや。
しかしながら、相も変わらず登場スル男子達が素晴らしい。
ミンナ、素敵。
ミンナ、好き。
ダケド、ミンナ、嫌い。
本当に嫌い。
って、思うのダケド、結果、好き。
イヤ、でぼ、嫌い。
ミタイな感じで、グルグルしマシタ。
乙女っ!
して、ナンデ?って位に泣きマシタ。
昨日、1~10巻迄大人買いして、一気読み。
本日も読み返して、泣いてしまった。
バカ?アタイ、バカ?
ソシテ、11巻迄発売してたっつーんを、今サッキ知って、驚愕っ!
バカ?アタイ、バカ?
もー絶対、買うっ。
明日、買うっ。
んで、マタ泣くんだろーな。
本当にバカだなぁ。
ケド、好きダケド嫌いって思えるって、リアルに居るって事なのだ、そーゆー野郎ドモが。
味方のよーな、敵のよーな。
ズルイよーな、優しいよーな。
で、結局、敵だしズルイ。って、思ってはサメザメして、でぼ好きーっ!って、なるっつー。
乙女っ!
なんか、エロんな感情が動いてしまって、過去とか未来とか、そゆ事まで思ってしまって、気持ち悪くなりマシタ、気分的にぢゃなくって、体調的に。
そんな漫画デシタ。
…怒られマスか?
ケド、明日11巻買いに走りマスゆえ、許して下さいマセ。
ソシテ、マタ何度も読むと思いマス。
エヘヘッ。
乙女っ!
ソシテ、薬子っ!
Pops
嗚呼、懐かしや。
ソシテ、やっぱし気持ちが悪い。
…風邪なの?か?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年10月 7日 (水)

愛があれば大丈夫ってか?ソリャ地球も救うってか?

Tsumi_to_batsu

罪と罰

読破ー。
やっとこ読破ー。
物凄く物凄く面白いのダケド、読んでると己の生気?精気?を吸い取られてしまって、ナカナカ読み進める事が困難だった困ったチャンでした。
つか、アタイが困ったチャンなのダケド、も。
イヤー。
ダケドー。
読んでみて。
つか、読んで欲しいご本だと思われ。
アタイなんかは、ラスコーリニコフ(主人公)に完全に引っ張られて、もー本当にしんどかったのダケド、そーゆー何かこー追い詰められる感とか、物凄い自責の念に囚われたりだとか、もーこんなんされたら、おかしくなっちゃうよ~。的な疑似体験も出来マシタ。
イヤ、しんどかったんダケド。
ソレでぼ読破出来て良かったッス。
つか、でぼ、終わり方が希望的な感じで、愛ってこーゆー事?っつーんを見出してる感じで、ソコが少々ウゲッと思っちゃったのダケド、全く救いがナイ感じで終ったらソレはソレで辛過ぎるのカシラ?なんて思ったりもして。
きっと、マタ少し年を重ねたら、マタ違う印象を受けるよな気も致しマシタ。
時間を置いたらマタ読んでみよー。
今度は鬱々とならん事を祈りツツ。
ソシテ、アタイは愛しき人には、完全にソーニャ派デス。
ソーニャ余計にゃ情報スミマセン。
プヒヒッ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

心とか脳とかドロドロと垂れ流れ、蒸発。

Oyasumipunpun

おやすみプンプン

一気に大人買いして、一気に大人読み。
したら物凄い大変な事になった。
呼吸スルの困難だし。
其処彼処が痛いし。
傷口に塩的感覚。
何だ?コレ。
何だ?コノ漫画、コノ漫画家。
スゲーや。
苦しいや。
人間ってくだらねぇや、本当に。
つか、アタイがくだらねぇの、本当に。
サブイボたつ程に、自分の青さに辟易。
漫画の中の其処彼処に自分が居る。
成りきれる。
ソノ性根、恐ろしや。
腐っとるね、ワシ。
本気で出家したくなりマシタ。
ソシテ、早く6巻読みたい。
出家先で読みたい。
え?持ち込みオーケーなん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

ナルキッソス。

Ubume

姑獲鳥の夏

初京極。
新京極とは違いマスえ。
夏彦はんどすー。
お借り致しマシタえー。
おいでやすー。
ええっと、最初は面白かったのデス。
つか、コノ京極堂ってお人にはズギャンッ!なのダケド、でぼソレってー、つか京極堂って作者先生ご自身の事なんぢゃねぇの?と、思って少々寒くなりマシタ。
ご本の中の京極堂さんは素敵デス。
お話的にも、やっぱし最初の方は面白かったのダケド、謎解き的なんが、なんつーか時間を掛け過ぎてる気がしてなりマセンでした。
だって、もー誰が犯人かっつーんが、分ってる感じなのダカラ、早く早くー謎を謎をー解いちゃってよー。って、感じで回り道が過ぎてる気が致しマシタ、身勝手に。
つか、単に関口の事が好きぢゃーナイのカモ。
ゲヘヘッ。
初京極は、まー可も無く不可も無くっつー感じデシタ。
二度目まして。は、自ずカラは無い気が致しマス。
マタ貸して貰えたら有難く読むとは思いマス、が。
娯楽デスな、娯楽。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

I'm thirsty,baby。

Ainokawaki

愛の渇き

何と書けばエエのだろーか?果たして。
主人公が女性ダカラなのか、ソノ主人公と同じ事、似たよな事を感じてる、つか、一瞬、え?コレ、アタイですか?正気デスか?と思ったのデス。
三島先生で御座いマスー。
ゆえ、書いてるのは男性なのダカラして。
アタイの精神状態的なアレで、そー感じてしまったダケの事なのカモして。
三島先生のご本を読むと、面白いのダケド、若干死にたい気持ちになるのデスが、コレは、そーはならなくって、読後は、むしろ爽快感を感じてしまったのでして。
ゆえ、面白かったデス、非常に、アタイは。
コノご本を読んで、コノ主人公って、チョイとヤバイんぢゃね?って思う方がイルとするなれば、そーなると、するってーと、アタイもヤバイんデスかね?なんて事を思ったのデス。
ソシテ、何となく、そんな事ねぇよ。と、パーマネント野ばら的に言って欲しいなぁ。と、漠然とバクザン先生的に思ったワケなのデス。
も一回、読みたい。
時が過ぎたら、も一回、読みたい。
そー思えるご本デシタ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

静かに沁み込む愛を感じ入る。

Ab

アルゼンチンババア

素敵女子にお借りしていたご本。
先程、読了。
30分位で読めてしまったのダケド、なんだか、30分の間に2回は確実に泣いてしまった。
ソシテ、今も、思い返して涙す。
疲れているのか(笑)?

至極淡々と死とか生とかが描かれているよーに思うのダケド、深い。
何やら美しさも感じ入る。
ソシテ、許す事っても美しいのではナイか?とも、思える。
許す事で、見えてくる本質ミタイなモンもアルのではなかろーか?と。
ウウッ。
涙が出そーだ。
ヤハリ疲れているのか(笑)?

少し驚いた事。
アタシは、人の顔を覚えるのが得意な方だと思う。
あ、名前は覚えられナイのダケド。
誰かを思い浮かべる時は、ソノ人の顔を鮮明に思い浮かべる事が出来る。
例え、何年も逢ってイナイとしても。
の、だけれど。
ウソツキ君の顔ダケは、思い出す事が出来ナイ。
スゲー頑張って思い描くのダケド、一向にハッキリ見えてコナイ。
あーこんな感じ、こんな感じ。っつー雰囲気では見えてくるのダケド、絶対に鮮明には思い描けナイ。
ソレをイツも口惜しく感じてイルのダケド、なんか、コノご本を読んで、オヨッ、オヨヨヨヨッ。と、なりマシタ。
だとしたら、鮮明に思い描けなくともエエかな。なんて、気にもなってしまった。
単純だな。

静かに、美しく、死やら、生やら。
本当は、煩く、汚く、死やら、生やら。
何にせよ。
全てを受け入れる。
受け入れられる。
デッカイ容器を持てる日が来る事を、ぼんやりと願う。
ソノ容器は、エロんな大波小波を乗り越えてぢゃーナイと、きっと、手に入らナイのだろー。
ダケド、イツの日にか手に入るよな、人生を。
そんなワケで、波風カモーンッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

パーマネント野ばら/西原理恵子。

Nobara

パーマネント野ばら

愛しきアノ子カラ無理矢理貸し出しされマシタ。
しかし、案の定なグッチョイス!
『方舟』ん時と同じく、大号泣デシタ。
抉られマス、エロんな意味で。
主人公の女子と同じ事を思ってたりもスルので、きっと余計に。
そんなワタシは狂ってる?
イヤイヤ、狂ってナイよ。
素晴らしき漫画デシタ。
有難う御座いマシタ。
も一回読みマス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月30日 (水)

人のセックスを笑うな/山崎ナオコーラ。

Hitosex

人のセックスを笑うな

先ずさー。
コノ、タイトルって最高だと思う、ホントに。
ジャケ買いって言葉がアルのならば、タイトル買いデショ、ズバリ。
イヤ、まーでぼ、内容とかチョイ知ってるので、タイトル買いぢゃーナイので、まーアレだけど、も。
ソレくらいの素晴らしいタイトルだと思った次第デス、アイ。

内容的には、うーん。
恋愛模様だったり、人間模様だったりスルのだろーケド、うーん。
チョイと難しく感じマシタ。
イヤ、読み易いデスよ。
一時間とかあったら、読める分量だし。

ダケド、うーん。
説明が至れり尽くせりな感じぢゃーナイので、考えなきゃならんな、と。
読み終わったアトに思ったワケです。

あーダケド、アタシ、ユリの気持ちがワカラナイ。
と、思ったのダケド。
エローんなコト考えたりして、切なかったり辛かったりしたのって、磯貝君ダケぢゃーなかったのだろーなぁ。と、小学生レベルの想像力で思ったワケです。

ダケド、うーん。
正直、ワカランかったデス。
し、特に感銘も受けなかったのデス。
ソレって、恋とか愛とかを、蔑ろにしてるカラなのカシラ?と、思いマシタ。

人間失格か?
生まれて、アイ、スミマセン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走れメロス/太宰治。

Hashire

走れメロス

生まれて、アイ、スミマセン。
『走れメロス』など、短編ギッシリ集デス。

太宰さんの文章って読み易い。
し、きっと、スキ。

中でぼ、『ダス・ゲマイネ』は、泣きそになりマシタ。
コノ中の登場人物は、あ、実際に太宰さんも自身役でご登場なのダケド、ソレ以外の全ての登場人物は、全て自分のコトなんぢゃねぇか?と、身勝手に推測。
ソシテ、見事にココロをグワシッとされマシタ。
物凄く切なくなりマシタ。

アト、『駈込み訴え』も面白いと思いマシタ。
なるほど、と。
こーゆー表現もアルのだな、と。

太宰さんは、もがきながら生きていたのだなぁ。
と、再確認。
生きてしまっていた。
の、カモなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

仮面の告白/三島由紀夫。

Kamen

仮面の告白

三島さんのご本は、やっぱし速読が出来マセン。
難解なのか、自分の中で噛み砕いて読む感じダカラなのか?
イヤ、しかし面白いのデス。
が、ナゼか死にたくなりマス。
し、アタマん中がグルグル致しマス。
現世界とのズレを感じツツ、そのズレを仮面を装着スル事で、何とか生きるコトをやり過ごさなければナラナイ。
強い死への憧れと同時に、生へも固執してる。
主人公に限らず、誰しもが皆、そーなんぢゃねぇか?と思わずにはイラレナイのデス。
ソシテ、ヤハリ三島さんはステキなキチGUY☆
んなワケで、違うご本にもトラーイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)