« 泣いた王様。 | トップページ | 呑まれ呑まれて33年。 »

2007年3月 7日 (水)

理想の結婚(キュウ)。

イヤイヤイヤ、映画デスよ。
映画のレビューデスよー。
スキな女優さんの一人、ケイト・ブランシェットが出てイルので観てみマシタ、『理想の結婚』を。

つか、スキな女優さん出てると、観ちゃうのデスね、ワシ。
ヂャケ借りミタイな、女優借り。
…おやぢ狩り。
ゴメンナサイッ!
言いたかったダケです。

An_ideal_husband

えと。
面白かったデス、ワシは。
なんとなく、シェイクスピア臭をチョイと感じたりして。
よく出来てる話だな、と。
最後は、マンマとハッピーなエンドだったりしたケド、普通に面白かったデス。

出演してる役者陣も豪華デス。
が、ワシには女優さんの名前しかワカランかった。
観たコトある俳優さんなんダケド、名前ワカランなーってグモグモ。
ケイトはんが主役っつーヨリ、名前ワカラン俳優サンが主役のよーな感じデシタかな?

曲がったコトがダイキライなタイゾウ的なケイトはんでぼ、愛がアルのだったらば、許すココロを持ちなさいな。
だって、自分だって悪気がなくてウソ吐いちゃうコトってアルぢゃーんって。
ソシテ、そーゆーダンナ様を受け入れる勇気、真実を告げる勇気、愛する勇気。
ソレって必要ぢゃね?
って感じな印象を受けマシタ、コノ映画カラ。
…うるせっ(ボソリッ)。

まーワシの考え過ぎなのでせう、きっと(笑)。
なんだか、トラウマ的なモンを思い出しまして、観始まった時に、イヤーな気持ちになりマシタが、まーなんのかんのと最後は面白い感じでまとまっておったと思われマス。
とゆーか、アンマリ人でアレ何でアレ、理想化し過ぎるのは良くないコトなんだろーなぁ。
ぶぅっ。
どんなにキレイに見えるヒトでぼ、キタナイ部分はチャント持ち合わせてるってコトなんカモしれんが、ワシは、信じるとなるとトコトン信じてしまうトコがアルから、でぼ、ソレって相手的には実は重荷っつーか、そーゆーんを感じてしまうんカモなぁ。
ワシは追い詰めてるツモリはなくとも、結果、追い詰めてしまうんカモなぁ。
ぶぅっ。
あ、話がダイブ逸れた。

そいや、コノ映画の原作ってオスカー・ワイルドなよーデス。
オスカー・ワイルドって『幸福な王子』も書いたよーデス。
つか、『幸福な王子』の話、ワシ知らなくて、ダイブスキーさんに説明して頂いたコトを思い出しマシタ。
エエ話デスな。
イヤ、ワシにとってはチョイと物悲しさを感じマシタ。
でぼ、王子は幸福だったんだろーね、きっと。
…幸せって、…ナニッ?!

Happy_prince

寒い。
取り敢えず、今は誰かに灯油を入れて欲しい。
…諦めて、自分で入れマース。
ぶぅっ。

|

« 泣いた王様。 | トップページ | 呑まれ呑まれて33年。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147267/14182036

この記事へのトラックバック一覧です: 理想の結婚(キュウ)。:

« 泣いた王様。 | トップページ | 呑まれ呑まれて33年。 »